『ピラミッドトラップ』4月7日中山11R
4,904,740円見事的中!

今年も出ました! 100万馬券的中!

3月1日中山9R「きんせんか賞」
3連単1,295,110円的中!
ピラミッドトラップ
なぜたった2ヶ月の間に254万馬券と490万馬券を
当てることができたのか?

ピラミッドトラップの秘密を知りたくありませんか?
(3月31日で販売終了!)


ピラミッドトラップで競馬人生が変わった

そんな私の競馬人生を大きく変えてくれたのが、ピラミッドトラップとの出会いでした。
コンピュータで過去のデータを分析し、購入馬券を決める。
何かにすがりたかった私は、独自でピラミッドトラップの研究を重ねました。
そして2004年頃には、なんとか収支がトントンになるまで持ち直してきたのです。

でも、まだトントン。コンスタントに稼げるようになるには、まだ何かが足りませんでした。
そんなときに始まったのが・・・・、
そう「3連単」だったのです。

3連単とは、レースの1着馬、2着馬、3着馬を着順通りに当てる馬券です。
もちろん難易度は高いですが、その分、高配当が期待できるという訳です。

もともと穴党だった私は、自分の馬券術を3連単に応用できないか、すぐに検証を始めました。
そして、2006年。
私はJRAで3連単馬券が発売される全てのレースで、3連単馬券を買いました。
そうです。1レースも逃さずに、です。
「何をバカなことを・・・」とお思いかもしれません。
でも、それだけ私は、3連単の研究にハマっていきました。

1年間で1000を軽く超えるレースで実際に3連単の馬券を買いました。
その1年間で手にした万馬券は187本。
10万馬券は上の画像でご覧いただいた通りです。

そして私の手元には莫大なデータが残りました。
時間とお金をつぎ込んで作った、汗と涙の結晶です。

分析を重ねた私は、ある法則に基づいて特定の買い方をしたときに、極めて高い確率で、高配当をGETできることを発見しました。
そして、そこから編み出したのが、どんなレースで、どんな買い方をすれば10万馬券が取れるかを示し出す、「ピラミッドトラップ」なのです。

このピラミッドトラップの法則に当てはまるレースだけをターゲットにすれば、回収率は飛躍的に上がります。
ピラミッドトラップの法則を昨年のデータを当てはめた場合には、回収率は余裕で200%を超えました。
もちろん、この先同じ数字が維持できる保証はありませんが、大きく変わることはないとはっきり言い切る自信があります。

あなたは、私のようにむやみにレースで馬券を買って、研究を重ねる必要はありません。
ただピラミッドトラップが示し出すままに買い目を決めて、レースに挑む。
そう、あたかも高配当を待ち受ける罠を仕掛けるかのように・・・。

posted by ピラミッドトラップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。